2015年11月16日月曜日

【製品情報】TechnoCUVIC VP上でDataKeeper for Windows Cluster Editionがご利用可能になりました

こんにちは、サイオステクノロジーの小川です。

このたび、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社様(以下、CTC)が提供するプライベートクラウドサービスTechnoCUVIC VP上でDataKeeper for Windows Cluster Edition (以下、DKCE) をご利用いただけるようになりました。

TechnoCUVIC VP
の特徴は、お客様ごとに専用のVMware ESXiサーバーとvCenterを提供するため、
自由度の高い仮想サーバーの設計・構築が可能です。提供される ESXiサーバーは、CTC社のデータセンター内で稼働しており、お客様が資産を持つ必要が無いことや、基盤の構築・運用はCTC社にて行うため、運用・保守費用を削減することができます。

今回は、DKCETechnoCUVIC VP上で構築し、DKCEのデータレプリケーション機能とWindows Serverが持つWindows Server Failover Clusteringの機能を組み合わせ、HAクラスターを実現する方法を紹介します。
弊社で実施した検証内容をもとに動作検証レポートを作成し、公開しております。

ご興味のある方は、以下のURLよりダウンロードください。

TechnoCUVICでのDKCEの動作検証レポートはこちら
http://www.sios.com/products/bcp/lkdk/product/c_ctctc.html


TechnoCUVIC VP
http://www.ctc-g.co.jp/solutions/cuvic_vp/

0 件のコメント:

コメントを投稿